TOPページへ メニューをスキップして本文へ 医療機器について

マンモグラフィー

マンモグラフィー装置  マンモグラフィーとは,軟線を用いた乳房のレントゲン写真のことです.乳房をはさみこんで撮影します.圧迫して撮影しないと見つかるべきものが見えなくなってしまいますので,多少の痛みをともないます。 しっかりとはさんで撮影することが重要で,患者様の協力が重要です.内外斜位方向撮影と頭尾方向の2方向で行われるのが一般的です.  近年,マンモグラフィー検診の普及から,触診上分からない触知不能乳癌を微細な石灰化陰影などより発見できます。,つまり,超早期の段階で乳癌を発見できる機会が増えてきました.しかし,そのためには,最新のマンモグラフィー装置,マンモグラフィーフィルムの読影に熟練した医師,マンモグラフィー撮影に熟達したレントゲン技師が不可欠です.  当院は,マンモグラフィー精度管理中央委員会推薦の最新のマンモグラフィーを装置し,また,医師ならびに技師ともマンモグラフィー精度管理中央委員会の認定資格を有しています.
ページのトップへ

ステレオバイオプシー装置

ステレオバイオプシー  微細石灰化陰影のみでしか発見できない超早期の乳癌を診断するには,当クリニックにも設備していますマンモグラフィー下(ステレオガイド下)生検装置が必要となります.近年は,マンモグラフィーによる乳癌検診の普及により,非触知乳癌(非浸潤癌,超早期癌)での発見が増えつつあります.
ページのトップへ

超音波(エコー)検査

超音波(エコー)装置  超音波を使って乳房の断面を写し出す検査です.乳房の超音波検査には7.5MHz以上の高い音波が使われ、300?500μという分解能の,鮮明な画像が得られます. 超音波の反射(こだま)を捉えて映像化するため,エコー検査とも呼ばれています.乳房にゼリーを塗って検査しますが,それは,診断に使う超音波はエネルギーの弱いもので,空気中を進むことができないので,プローブと皮膚の間に空気が入り込まないようにし、超音波を効率よく乳房内に送信するため、乳房全体にエコーゼリーという超音波の伝搬物質を塗って検査を行います.  また,超音波検査では,腫瘤が存在する場合には,その質的評価(良性か,悪性か,悪性の場合にはどのような組織型かの予測)や触診でははっきりしないような小腫瘤に対して,超音波ガイド下の生検が可能です.
ページのトップへ